FC2ブログ

バーニーズがやってきた!

バーニーズ・マウンテン・ドッグの子犬がわが家にやってきました!バーニーズと暮らす日々を写真中心にご紹介します。

新涼の砌... 2

2020年9月21日(祝) 《中篇》

すっかり秋らしくなりました。
トランプとレディーは涼しくて快適な部屋でくつろいでいます。

s-IMG_7879xs.jpg

s-IMG_7882xs.jpg

s-IMG_7886xs.jpg

s-IMG_7887xs.jpg

s-IMG_7894xs.jpg

s-IMG_7896xs.jpg

s-IMG_7898xs.jpg

s-IMG_7900xs.jpg

s-IMG_7902xs.jpg

s-IMG_7903xs.jpg

そろそろ退屈になってきたかな?



実は今朝、おいしいブドウを求めてまた「山田錦(やまだにしき)の館」へ行ってきました。

購入したブドウの中からいくつかご紹介すると...
左からシャインマスカット、サンヴェルデ、コトピー、瀬戸ジャイアンツです。

s-IMG_7849xs.jpg

シャインマスカットはご存じのとおり、ひたすら甘い人気の品種です。

サンヴェルデは「巨峰系」だそうですが、甘さがさわやかでいくらでも食べられます。

コトピーは初めて出会った品種ですが、甲斐乙女とシャインマスカットの交配種とのこと。
強い甘さとやわらかな酸味のバランスや、豊かな香気が絶妙でした。
(コトピーという名前の由来は調べても分かりませんでした。昭和の日本で名づけられたかのような印象の語感ですが、平成20年代につくられた最新の品種です。)

瀬戸ジャイアンツはひと粒ひと粒が3個の球を合わせたように見えるくびれがあるのが特徴で、とても甘い品種です。
岡山県で栽培された瀬戸ジャイアンツには「桃太郎ぶどう」というブランド名が与えられます。

また、たくさん買ってしまいました。今週も私たちの主食はブドウです。

なお...連休中で混雑が予想されましたので、「山田錦の館」へトランプとレディーを連れて行きませんでした。



PageTop

新涼の砌... 1

2020年9月21日(祝) 《前篇》

時計の針を少し戻して...

トランプとレディーは思いの外、早く秋が訪れて、エアコンも扇風機も必要なくなった部屋でくつろいでいます。

s-IMG_7853xs.jpg

s-IMG_7855xs.jpg

s-IMG_7858xs.jpg

s-IMG_7864xs.jpg

s-IMG_7868xs.jpg

s-IMG_7870xs.jpg

s-IMG_7872xs.jpg

庭からはいる涼しい風に...

s-IMG_7874xs.jpg

トランプもうとうと...

s-IMG_7875xs.jpg

シャッター音で起こしてしまいました。「ごめんね。」

s-IMG_7876xs.jpg

おだやかな時間は続きます。

s-IMG_7878xs.jpg

《蛇 足》

「新涼」という言葉は9月に入ったころに使うのが正しいそうですが、グローバル・ウォーミングの砌、秋分の前日に使ってみました。




PageTop

12歳になりました!

2020年9月24日(木)

予想外の青空が広がりました。

s-CIMG0037frs.jpg

「晴れ男 トランプ」の面目躍如といえるでしょう。

s-CIMG0041frs.jpg

ところで...

s-CIMG0043frs.jpg

トランプはこのブログの最初の記事でご紹介しているとおり...

s-CIMG0044frs.jpg

2008年9月24日生まれ。

s-CIMG0045frs.jpg

ということは...
12歳の誕生日を迎えることができました!

s-CIMG0046frs.jpg

12歳。
バーニーズ・マウンテン・ドッグとしては長命の域に達したと思います。

s-CIMG0048frs.jpg

1日2回のお散歩も元気に早足ペースで歩きますし...

s-CIMG0049frs.jpg

与えた食事も残さず、きれいに、おいしそうに食べます。

s-CIMG0057frs.jpg

耳が少し遠くなったり...

s-CIMG0059frs.jpg

後ろあしの動きが今ひとつなときもありますが...

s-CIMG0062frs.jpg

いろんなものに好奇心旺盛で、楽しそうに暮らしています。

s-IMG_7814frs.jpg

こんなトランプの健康で楽しい日々が1日でも長く続くよう...
できる限りのことはしてやろうと思います。

s-IMG_7822ns.jpg

このブログをご覧のみなさま、これからもトランプをお見守りください。

s-IMG_7825ns.jpg

家に帰ったら、お祝いのごちそうをみんなでいただきます。




PageTop

トランスポゾンのしわざ 4

2020年9月14日(月) 《その4》

午後5時ごろ...レディーが『お散歩に行きたい。』アピール。

s-CIMG0004frs.jpg

あと1時間もすれば太陽が沈んで涼しくなるということを真剣に説明しましたが...
『それでも、お散歩に、行きたい!』

s-CIMG0005frs.jpg

ということで...お散歩に出発。
ほぼ真横から照りつける太陽で目を開けていられません。

s-CIMG0010frs.jpg

s-CIMG0012frs.jpg

s-CIMG0013frs.jpg

s-CIMG0017frs.jpg

s-CIMG0018frs.jpg

s-CIMG0022frs.jpg

s-CIMG0023frs.jpg

ご近所をひとまわりして帰ってきました。

s-CIMG0025frs.jpg

s-CIMG0029frs.jpg

この笑顔は...

s-CIMG0030frs.jpg

満足したようです。

s-CIMG0031frs.jpg

庭ではオシロイバナが満開。
ひとつの株にピンクの花、黄色の花、そしてピンクと黄色が混ざった花などあってきれいです。

s-CIMG0035frs.jpg

《蛇 足》
オシロイバナの花の色については、メンデル先生の優性の形質と劣性の形質を表すものの比が3:1になるというような古典的遺伝学では説明がつかないのだそうです。

それが学問的に説明できるようになったのは20世紀の後半にDNAの二重螺旋構造が解明されて以降とのこと。

DNAの上を移動する遺伝子があって、それが花の発色を司る部分に割り込んで発色を妨げたり、また元の位置にもどって発色を妨げるのをやめたりするややこしいやつで...

その移動する遺伝子が動き出して発色を司る遺伝子に作用するタイミングが、受精した卵細胞の細胞分裂のどの段階かによって、オシロイバナの複雑な花の色(本当はがくですが)の咲き分けの原因になるのだそうです。

子供のころから見慣れているありふれた花にも人間には解明できないことが隠れていたんですね。



PageTop

トランスポゾンのしわざ 3

2020年9月14日(月) 《その3》

トランプとレディーは広い野原でウォーキングをしています。

s-IMG_7773xs.jpg

s-IMG_7774xs.jpg

s-IMG_7778xs.jpg

いつもお世話になっている農産物直売所で私がお買い物をしている間、お店の前で休憩。
かなりの距離を歩いたのでハァハァ...そんなにくっつかない方が涼しいと思うぞ。

s-IMG_7782xs.jpg



家に帰ってきました。
トランプもレディーも思い思いの場所でくつろいでいます。

s-IMG_7785xs.jpg

s-IMG_7786xs.jpg

s-IMG_7790xs.jpg

s-IMG_7792xs.jpg

s-IMG_7807xs.jpg

この涼しさではエアコンはもちろん、扇風機も必要なさそうですね。

s-IMG_7809xs.jpg

夕方まで窓を開けはなって、風を楽しむことにします。




PageTop