FC2ブログ

バーニーズがやってきた!

バーニーズ・マウンテン・ドッグの子犬がわが家にやってきました!バーニーズと暮らす日々を写真中心にご紹介します。

Sky Multilayer 4

2019年11月10日(日) 《その4》

トランプは「有馬富士(ありまふじ)公園」で情熱のゴロンゴロン中。

s-IMG_1972xr.jpg

s-IMG_1973xr.jpg

s-IMG_1974xr.jpg

s-IMG_1976xr.jpg

s-IMG_1977xr.jpg

s-IMG_1979xr.jpg

s-IMG_1980xr.jpg

立ち上がって、ブルブル!

s-IMG_1981xr.jpg

s-IMG_1982xr.jpg

s-IMG_1983xr.jpg

s-IMG_1984xr.jpg

しばらく歩いて...
久しぶりに名峰「有馬富士」と記念撮影しました。

s-IMG_1987xr.jpg

トランプとレディーは今朝もいっぱい歩きました。

s-IMG_1989xr.jpg




PageTop

Sky Multilayer 3

2019年11月10日(日) 《その3》

トランプとレディは三田(さんだ)市にある「有馬富士(ありまふじ)公園」で朝のお散歩をしています。

さて、ウォーキング再開。

s-IMG_1945xr.jpg

s-IMG_1948xr.jpg

s-IMG_1953xr.jpg

s-IMG_1954xr.jpg

s-IMG_1957xr.jpg

s-IMG_1958xr.jpg

楽しい気分になったトランプがゴロンゴロン。

s-IMG_1961xr.jpg

s-IMG_1962xr.jpg

s-IMG_1964xr.jpg

s-IMG_1967xr.jpg

s-IMG_1968xr.jpg

s-IMG_1969xr.jpg

s-IMG_1970xr.jpg

トランプのゴロンゴロンは続きます。



PageTop

Sky Multilayer 2

2019年11月10日(日) 《その2》

トランプとレディーは「有馬富士(ありまふじ)公園」にある「水辺の生態園」でくつろいでいます。

s-IMG_1065irr.jpg

s-IMG_1066irr.jpg

s-IMG_1067irr.jpg

s-IMG_1068irr.jpg

s-IMG_1069irr.jpg

s-IMG_1070irr.jpg

s-IMG_1071irr.jpg

s-IMG_1072irr.jpg

s-IMG_1073irr.jpg

s-IMG_1074irr.jpg

s-IMG_1075irr.jpg

穏やかな秋の陽ざしを浴びて、静かなひとときは続きます。



PageTop

Sky Multilayer 1

2019年11月10日(日) 《その1》

今朝は冷えこみましたが...
午前10時ごろには穏やかに晴れて、気持ちのいい秋晴れの日曜日に。

トランプとレディーは朝の運動に「有馬富士(ありまふじ)公園」へやってきました。

s-IMG_1917xr.jpg

s-IMG_1921xr.jpg

s-IMG_1923xr.jpg

「おにのこ橋」をわたって...

s-IMG_1925xr.jpg

自然豊かな林の方へ。

s-IMG_1934xr.jpg

上空は風が強く刷毛ではいたような雲。
低めの雲はあまり動かず、強い風は吹いていないようです。

s-IMG_1940xr.jpg

s-IMG_1941xr.jpg

「水辺の生態園」の大きな休憩所でひと休み。

s-IMG_1942xr.jpg

s-IMG_4793nr.jpg

s-IMG_4799nr.jpg

トランプの耳で遊んでみました。彼もなぜかうれしそうです。

s-IMG_4802nr.jpg

s-IMG_4803nr.jpg

のんびりしたひとときは続きます。


PageTop

40,010片の夢  16

2019年11月7日(木) 《四国旅行 4日目:淡路島を北上して帰宅》

トランプとレディーは高松市でうす曇りの朝を迎えました。

香川県でいただく朝食はやっぱり讃岐うどん。
「うどん本陣 山田家」さんの讃岐本店へやってきました。重厚な店構えです。

s-IMG_1844xr.jpg

開店時刻まで近くをお散歩しました。
お店の周囲にはこのような山田家さん関連の巨大な建物がいくつかありました。大企業なのね。

s-IMG_1847xr.jpg

ふと顔を上げると...名勝「屋島」が見えました。

s-IMG_1850xr.jpg

色づいた柿の向こうにも屋島。

s-IMG_1853xr.jpg

山田家さんには開店と同時に入って...
「釜揚げうどん」と「釜ぶっかけ」、そして季節限定の「讃岐でんぶぐとかきの天ぷら」を注文したのですが...

s-IMG_101552hhpr.jpg

おうどんを食べ終わって、食後のお茶を飲み飽きたころになっても「天ぷら」が出てきません。
なかなか登場しない「天ぷら」に気を取られて、おうどんの味はよく分かりませんでした。



大鳴門橋を渡って淡路島へ。

大規模な農産物直売所、「美菜恋来屋」で私がお買い物をするあいだ、トランプとレディーはここで待ってもらいました。

「美菜恋来屋」は初見ではまず読めない名前。
きっと難読の話題性を狙った命名なのだと思いますが、「みなこいこいや」と読みます。

s-IMG_1874xr.jpg

レディーはうとうと...

s-IMG_1869xr.jpg

トランプもリラックスしています。

s-IMG_1871xr.jpg

「はい、お待たせ。」

s-IMG_1875xr.jpg



淡路島を北上。
北端にある「淡路ハイウェイオアシス」で長めの休憩をとりました。

ここのイメージキャラクターがずらりと並ぶ顔出しパネル。

s-IMG_1878xr.jpg

レディーが顔を出しているキャラクターは「たい坊やん」といいます。

広大な公園を散策しました。

s-IMG_1885xr.jpg

休憩所でひと休み。

s-IMG_4779nr.jpg

s-IMG_4784nr.jpg

s-IMG_4782nr.jpg

s-IMG_4786xr.jpg

さてそろそろ帰ることにしましょう。

s-IMG_1913xr.jpg



「淡路ハイウェイオアシス」から30分ほどで、まだ陽の高いうちに帰宅。

庭の渋柿が濃く色づいているので、庭を訪問する鳥たちに3個ほど残して収穫しました。
皮をむいて吊し柿にしようと思いますが...

s-IMG_1347xr.jpg

それよりも先に...

四万十町で大量に入手した新生姜をスライスして、さっと茹でて、甘酢漬けにするという大仕事があります。
(この茹で汁はジンジャーエールの素にしたり、調味料として使ったりできるので捨てません。)

ほかにもできるだけ早く下処理をしておいた方がいいお野菜もいろいろあって...
がんばります。



PageTop

40,010片の夢  15

2019年11月6日(水) 《四国旅行 3日目:高松市 その2》

トランプとレディーは高松城のある玉藻(たまも)公園のあたりをお散歩しています。

s-IMG_1823xr.jpg

「玉藻」という名前は柿本人麻呂が用いた「讃岐の国」にかかる枕詞「玉藻よし」が起源だそうです。

s-IMG_1828xr.jpg



せっかく「うどん県」にいるのですから、三時のおやつはやっぱり讃岐うどん。
地元の方に勧められたお店、「ぼっこ屋」さんの三谷(みたに)店におうかがいしました。

s-IMG_1831xr.jpg

カメラ係の人の選択。自称うどんファンダメンタリストらしく、ざるうどんとかけうどんです。
讃岐の標準より少しやわらかめのうどんは伸びと腰のバランスが絶品。

s-DSC_0345thpr.jpg

続いて私はテラス席でいただくことにしました。
レディーが何とか侵入しようと試みていますが、ワンコは禁止です。

s-IMG_1833xr.jpg

私はかけうどんと、おでんの大根、こんにゃく。
風味豊かないりこだしを味わいました。ごちそうさまでした。

s-IMG_150838hhpr.jpg

「ぼっこ屋」さんは肩の力を抜いて、おいしいおうどんを味わえる名店でした。



午後4時過ぎに今夜おせわになる「ファミリーロッジ旅籠屋 高松店」さんに到着。
お部屋の中はこんな感じです。

s-IMG_1838xr.jpg

s-IMG_1840xr.jpg

夜のお散歩をすませると、レディーも...

s-IMG_4773nr.jpg

トランプも...すぐに寝入ってしまいました。お疲れさま。

s-IMG_4775nr.jpg




PageTop

40,010片の夢  14

2019年11月6日(水) 《四国旅行 3日目:高松市 その1》

午前11時ごろ香川県高松市に到着。

道の駅 源平の里 むれ」まで足を伸ばして、人気の「海鮮食堂 じゃこや」さんで早めのお昼ご飯にしました。
いろいろ贅沢にいただきましたが、右上の「オリーブはまちのづけ丼」はおすすめです。

s-IMG_4770nr.jpg

高松城のある玉藻(たまも)公園をゆっくりお散歩しました。
残念ながら玉藻公園はペット禁止なので、正確には公園の周囲を歩くことになります。

s-IMG_1798xr.jpg

高松城へ来てみて、驚いたことが2つあります。

s-IMG_1806xr.jpg

1つめは...
下の写真でお堀に2つほど魚影が見えますが鯉ではありません。

橋の上からわかる範囲でですが、おそらく鯛とフグ!
高松城は海のすぐそばにあって、お堀には海水が引き込まれているのでした。

s-IMG_1803.jpg

2つめの驚きはお城のすぐ近くを電車が走っていること。
この電車は「高松琴平(ことひら)電気鉄道」。愛称「ことでん」です。

s-IMG_1808xr.jpg

今日も雲ひとつない青空が広がりました。

s-IMG_1810xr.jpg

石垣のすぐそばにある駅は「高松築港駅」。

s-IMG_1813xr.jpg

s-IMG_134240hhpr.jpg

s-IMG_1814xr.jpg

石のベンチで休憩。
私たちのうしろを通る道路の向こうは海。高松築港です。

s-IMG_1817xr.jpg

玉藻公園でのお散歩は続きます。



PageTop

40,010片の夢  13

2019年11月6日(水) 《四国旅行 3日目:霧の森 再び》

トランプとレディーは高知自動車道を北上の途中、「霧の森」で長めの休憩中です。

トランプは例によって馬立川(うまたてがわ)のせせらぎへおりてきました。

s-IMG_1779xr.jpg

今朝の冷え込みで、川の水が氷のように冷たいので、あまり水には入らず川原を歩きまわっています。

s-IMG_1786xr.jpg

s-IMG_1788xr.jpg

楽しそうです。

s-IMG_1790xr.jpg

s-IMG_1792xr.jpg

s-IMG_1796xr.jpg

澄みきった水。

s-IMG_4760xr.jpg

s-IMG_4762xr.jpg

s-IMG_4763xr.jpg

さて、駐車場へ戻りましょう。

s-IMG_4765xr.jpg

「冷たい水には近づかない主義」を堅持するレディーはあんなところで待機。
水辺におりようと誘ったのですが、どうしても階段の途中で動こうとしませんでした。

s-IMG_4766xr.jpg

今から香川県の高松市をめざします。


PageTop

40,010片の夢  12

2019年11月5日(火) 《四国旅行 2日目:四万十町 その8》

四万十川の河畔で存分に遊んだあと...
トランプとレディーは車で20分ほどのところにある「轟(とどろき)公園」へやってきました。

s-IMG_1726xr.jpg

この公園には高さ5mの巨大な石の風車があります。
わずかな風でも回るそうですが、あいにくこのときは無風でした。ちょっと残念。

s-IMG_1730xr.jpg

するとトランプが、動かない風車のかわりにゴロンゴロン。

s-IMG_1735xr.jpg

そういえば...
四万十川で水遊びをしたときには周辺にゴロンゴロン向きの芝生がありませんでした。

s-IMG_1736xr.jpg

この芝生で清流、四万十川で水遊びができた感動を表現しているのかもしれません。

s-IMG_1737ct.jpg

s-IMG_1738xr.jpg

轟公園から車で1分。
道の駅 四万十大正(たいしょう)」へ。

この道の駅からも階段で四万十川へおりることができるので、トランプの先導で川の方へ。

s-IMG_1748xr.jpg

トランプはうれしそうに流れる水を眺めています。

s-IMG_151801hhpr.jpg

s-IMG_151822hhpr.jpg

s-IMG_1749xr.jpg

四万十川のすぐそばまでおりてきましたが大きな岩ばかりで足場が悪く、水辺へは近づきませんでした。

s-IMG_1753xr.jpg

s-IMG_152536hhpr.jpg

s-IMG_1763xr.jpg

s-IMG_1769xr.jpg

階段ののぼりおりで渇いたのどに、高知産の黄金生姜を使ったジンジャーエール。
さわやかにおいしー。

s-IMG_153349hhpr.jpg



まだ明るいうちに、今夜もお世話になる「宿泊処 松葉川屋(まつばかわや)」さんに到着。
夜のお散歩では、大阪で見るよりもたくさんの星が見える兵庫県の自宅の夜空よりも、はるかにたくさんの星が見えました。(意味の分かりにくい悪文の例。)

宿の方のお話では明朝は霜がおりるかもしれないとのこと。
この雲ひとつない夜空へ壮大な放射冷却が起こることでしょう。

あたたかいお部屋に戻って...おみやげに買ったものを少しご紹介。

これは「道の駅 四万十大正」で見つけた蕎麦の実。
今は新蕎麦の時期で、少し緑がかっているのが楽しいですね。

s-IMG_1566xr.jpg

言うまでもありませんが高知は生姜の名産地。

昨日、今日と車で走った国道沿いでも、何度も農家の方が生姜畑で収穫しておられる光景を見かけました。
「松葉川屋」さんの周囲にも収穫を終えたばかりの生姜畑が広がっています。

四万十町の農産物直売所や地元スーパーなどあちらこちらで新生姜を買い求めましたが、私たちがふだん手に入れている生姜が平面的に感じられるほど、「球体」のような形に膨らんでいます。
(帰宅後、調理すると香りと辛みが鮮烈!思った通り最高の品質でした。)
なお、左側の色の濃いものは古根生姜(ひねしょうが)です。念のため。

s-IMG_1770xr.jpg

他には、ちょうど新米の季節ということで、四万十地域で栽培されているいろいろな品種の「仁井田米(にいたまい)」をゲットしました。

ということで...
今日はよく遊びました。
みんなあっという間に夢の中です。

《蛇 足》

高知県には四万十市と四万十町が「隣接」しています。
旅行者の混乱を避けるためか、道路案内標識にも「四万十市 旧中村」、「四万十町 旧窪川」と古くからの地名が併記してありました。(それでも他県の人にはわかりにくいですが...)

町村合併によって、四万十市は2005年に、四万十町は2006年に成立。
四万十町は四万十川の上中流域、四万十市は中下流域にあります。
(四万十市は一時、夏の日本最高気温を記録したことでも有名になりました。)

上流から河口まで1つのダムもない日本唯一の自然のままの川、四万十川。
その「四万十」という名称を新しい市や町につけたいというお気持ちは理解できます。

今回、私たちは「四万十町」だけを旅しましたが、四万十川のより上流域にある場所を選んだだけで他意はありません。
そのうち「四万十市」にもお邪魔したいと思っています。

《蛇足の蛇足》

同名の市と町が「隣接」しているのは、日本でここだけだろうと思っていたのですが...
他に、北海道の釧路市と釧路町、福井県の越前市と越前町があるそうです。



PageTop

40,010片の夢  11

2019年11月5日(火) 《四国旅行 2日目:四万十町 その7》

レディーがお昼寝から目覚めて...
一斗俵沈下橋(いっとひょうちんかばし)をめざして、みんなで大きな石がごろごろある河原を歩いています。

s-01IMG_1691xr.jpg

やはり足の速いトランプが先に沈下橋に到着。

s-02IMG_1692xr.jpg

レディーが追いつきました。

s-03IMG_1694xr.jpg

s-04IMG_105545hhpr.jpg

ご存じのように...
沈下橋とは河川の増水のときに水面下に沈んでしまう橋で、潜水橋などとも呼ばれます。
そして増水時、上流から流れてきた木や土砂などが、欄干に引っかかって橋が破壊されるのを防ぐため...
ほとんどの沈下橋には欄干がありません。

s-05IMG_1696xr.jpg

s-06IMG_1703xr.jpg

一斗俵沈下橋が掛けられたのは1935年。
四万十川に架かる沈下橋の中では最も古いもので、国の有形文化財に指定されています。

s-07IMG_105930hhpr.jpg

沈下橋の中には車が通行できる橋もありますが、この一斗俵沈下橋では車の通行は禁止されています。

s-08IMG_1704xr.jpg

s-09IMG_1707xr.jpg

s-10IMG_110111hhpr.jpg

s-11IMG_110215hhpr.jpg

s-12IMG_1711xr.jpg

トランプもレディーも野生の子。
「橋の端」ぎりぎりまで平気です。

s-13IMG_1713xr.jpg

s-14IMG_1715xr.jpg

s-15IMG_1721xr.jpg

s-16IMG_1723xr.jpg

s-17IMG_1725xr.jpg

まだ正午過ぎ。今からどこへ行きましょうか。



《蛇 足》

考えてみれば、「一斗俵」という言葉は不思議ですね。
(すぐそばの集落名では「壱斗俵」という字が使われています。)

といいますのも...
日本に古くからある体積のおもな単位は
1合 = 10勺(しゃく)
1升 = 10合 = 100勺 〔=約1.8L(リットル)〕
1斗 = 10升 = 100合 = 1000勺
1石 = 10斗 = 100升 = 1000合 = 10000勺
というように美しい10進法で、この中に「俵」という単位はありません。

「俵」は文字通り米穀などを入れる「たわら」へ入れる量で...
律令のころからの長い歴史の中で、1俵は2斗から5斗のあいだで変動してきたようです。
もちろん、度量衡の統一前のことなので本当の値は分かりませんが。

そして、明治時代に1俵=4斗と定められました。

ということは...一斗俵(壱斗俵)という言葉が「1斗=1俵」を意味しているのならますます不可解です。
そこでいろいろ調べてみると...

サイト名は「四万十町地名辞典」、管理しておられる方は小石川 蝉噪(せんそう)氏。実にすばらしい労作です。
その中の「壱斗俵」の項に、四万十町広報誌『ぶら~り散策』(2011年8月号)を出典として...

【かまどから上る煙が細く、あまり裕福でないと思った殿様が1斗を以て1俵としてくれた説と、その昔この地を拓いた池田という人物が初めて取れた米を献上するも、4斗俵にいれる程の収量がなく、1斗を俵詰めした故事が由来という説がある。】(【 】内は四万十町地名辞典からの引用です。)
とありました。

前半の説は「殿様」という漠然とした言葉を用いていることから伝説なのでしょうが、なんかいい話です。

《蛇足の蛇足》

ちなみに、米1俵の重さは約60㎏で、昔はこれを運ぶことができれば一人前とされたそうです。
現在、日本のプロ農家さんがお米を入れる紙袋は30㎏入りますが、それでも運ぶのは大変でしょう。

というのも、トランプとレディーのためにドッグフードを購入するときはたいてい18㎏入りの袋ですが...
1袋をかついで階段をあがるときには相当の気合いが必要とのことです。〔夫談〕
ハハハ。


PageTop

40,010片の夢  10

2019年11月5日(火) 《四国旅行 2日目:四万十町 その6》

トランプとレディーは四万十川で遊んでいます。

目の前の澱みは風がないとまるで鏡。

s-00IMG_1683xr.jpg

s-01IMG_1666xr.jpg

トランプはきれいな流れに入ったり、出たりをくりかえしています。

s-02IMG_1669xr.jpg

s-03IMG_1671xr.jpg

s-04IMG_1676xr.jpg

s-05IMG_1679xr.jpg

s-06IMG_1680xr.jpg

レディーは冷たい水から遠く離れて、こんなところで寝ころんでいます。

s-07IMG_4746nr.jpg

s-08IMG_4748nr.jpg

s-09IMG_4749nr.jpg

s-10IMG_4751nr.jpg

s-11IMG_4752nr.jpg

s-13IMG_1684xr.jpg

1時間近く水遊びをしているトランプはからだが冷えたのかもしれません。
あたたかい太陽の光を浴びて「甲羅干し」。

s-14IMG_102420hhpr.jpg

s-15IMG_4754nr.jpg

四万十川は沈下橋(ちんかばし)でも有名ですが...
向こうに見えるのは現存する沈下橋の中では最も古い「一斗俵(いっとひょう)沈下橋」。
このあとそばまで歩いて行くつもりです。

s-16IMG_102716.jpg

s-17IMG_1685xr.jpg

s-18IMG_104236hhpr.jpg

s-19IMG_4757nr.jpg

そろそろ沈下橋まで歩いていこうと思ったのですが...
レディーは...寝息を立てています。

s-20IMG_1687xr.jpg

足が小刻みに動いているので、きっと夢を見ているのでしょう。
もう少しのあいだは...夢を楽しませてやることにします。

s-21IMG_1690xr.jpg

四万十川の河原で、静かな時間は続きます。



PageTop

40,010片の夢  09

2019年11月5日(火) 《四国旅行 2日目:四万十町 その5》

トランプとレディーは四万十川の河原でくつろいでいます。

s-IMG_1039irr.jpg

s-IMG_1040irr.jpg

s-IMG_1041irr.jpg

s-IMG_1042irr.jpg

s-IMG_1043irr.jpg

s-IMG_1046irr.jpg

s-IMG_1047irr.jpg

s-IMG_1048irr.jpg

s-IMG_1049irr.jpg

s-IMG_1050irr.jpg

s-IMG_1051irr.jpg

s-IMG_1052irr.jpg

s-IMG_1053irr.jpg

s-IMG_1056irr.jpg

s-IMG_1057irr.jpg

s-IMG_1058irr.jpg

s-IMG_1059irr.jpg

s-IMG_1060irr.jpg

s-IMG_1061irr.jpg

s-IMG_1062irr.jpg

聞こえるのは川が流れる音だけ。
穏やかなひとときは続きます。



PageTop

40,010片の夢  08

2019年11月5日(火) 《四国旅行 2日目:四万十町 その4》

トランプとレディーは「日本最後の清流」として名高い四万十川で遊んでいます。

s-DSCN1078ynr.jpg

水の透明度は...これくらいすばらしいです!

s-DSCN1040ynr.jpg

s-DSCN1048ynr.jpg

s-DSCN1080ynr.jpg

気持ちよさそうに深みを泳いでいたトランプが...

s-IMG_1641xr.jpg

川岸にあがってきました。

s-IMG_1648xr.jpg

s-IMG_1649xr.jpg

s-IMG_1652xr.jpg

軽くブルブルをして...

s-IMG_1654xr.jpg

s-IMG_1655xr.jpg

s-IMG_1656xr.jpg

s-IMG_1657xr.jpg

わざわざ私のそばへきて、本格的にブルブル!
「はいはい、ありがとうね。」

s-IMG_1659xr.jpg

s-IMG_1660xr.jpg

s-IMG_1661xr.jpg

s-IMG_1662xr.jpg

s-IMG_1663xr.jpg

s-IMG_1664xr.jpg

レディーはあいかわらず。

s-IMG_4744nr.jpg

雲ひとつない青空の下で、川遊びは続きます。



PageTop

40,010片の夢  07

2019年11月16日(土)

トランプとレディーが高知県の清流、四万十川で遊んでいる途中ではございますが...
ご報告があります。

本日(16日)の午後2時過ぎに...
みなさまからいただいた...

総拍手数が 40万 を超えました。

このブログに拍手をくださったみなさま、ご訪問いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

これからもトランプとレディーの日々をお見守りください。
よろしくお願いいたします。




2019年11月5日(火) 《四国旅行 2日目:四万十町 その3》

トランプとレディーは四万十川で遊んでいます。

トランプは豪快にブルブルをして...

s-IMG_1607xr.jpg

s-IMG_1608xr.jpg

s-IMG_1609xr.jpg

s-IMG_1610xr.jpg

また、川へ入っていきました。

s-IMG_1612xr.jpg

s-IMG_1615xr.jpg

s-IMG_1616xr.jpg

s-IMG_1618xr.jpg

s-IMG_1619xr.jpg

快晴の空を見上げて、ちょっとしみじみ。

s-IMG_1621xr.jpg

s-IMG_1622xr.jpg

レディーは水際から遠いところでそれなりに楽しんでいるようです。

s-IMG_1623xr.jpg

トランプは楽しそうに泳いでいます。

s-IMG_1632xr.jpg

s-IMG_1635xr.jpg

s-IMG_1638xr.jpg

川遊びは続きます。


PageTop

40,010片の夢  06

2019年11月5日(火) 《四国旅行 2日目:四万十町 その2》

トランプとレディーは高知県四万十町で朝を迎えました。
雲ひとつない青空が広がっています。

お世話になっている「宿泊処 松葉川屋(まつばかわや)」さんから車で数分...
四万十川の河原に到着。

s-IMG_4737nr.jpg

今回の旅の最大の目的は清流、四万十川で川遊びをすることです。
トランプは早速、川へ。

s-IMG_4738nr.jpg

s-IMG_1569xr.jpg

s-IMG_1572xr.jpg

s-IMG_1573xr.jpg

足が立たない深さになっても、あわてず上手に泳いでいます。

s-IMG_1574xr.jpg

s-IMG_1578xr.jpg

s-IMG_1581xr.jpg

軽くブルブルしながら川からあがって...

s-IMG_1587xr.jpg

s-IMG_1589xr.jpg

s-IMG_1592xr.jpg

s-IMG_1593xr.jpg

本格的にブルブル!

s-IMG_1594xr.jpg

s-IMG_1595xr.jpg

s-IMG_1596xr.jpg

s-IMG_1597xr.jpg

s-IMG_1598xr.jpg

s-IMG_1599xr.jpg

s-IMG_1600xr.jpg

レディーは今日も「冷たい水には近づかない主義」を守るようです。

s-IMG_1601xr.jpg

あこがれの四万十川で、トランプの川遊びは続きます。



PageTop

40,010片の夢  05

2019年11月4日(振休) 《四国旅行 1日目:四万十町 その1》

トランプとレディーは高知県四万十町にある「道の駅 四万十とおわ」から階段をおりたところにある...
四万十川のほとりでくつろいでいます。

s-IMG_142917hhpr.jpg

s-IMG_142930hhpr.jpg

ここは四万十川のちょうどまん中あたりだそうですが、この川幅と水量でも高い透明度を保っているのは驚異的です。

s-IMG_143022hhpr.jpg

s-IMG_143030hhpr.jpg

朝は少しぐずついていた空も秋晴れになりました。

s-IMG_1531xr.jpg

11月にしては気温が高くなったからでしょうか、レディーも水深5㎜ぐらいの水に入っています。

s-IMG_1533xr.jpg

s-IMG_1534xr.jpg

s-IMG_1538xr.jpg

s-IMG_1542xr.jpg

河畔から道の駅へあがってきました。

若い人たちに人気の「shimanto おちゃくり café」というスイーツ店。
「おちゃくり」という言葉に最初面食らいましたが、考えてみると四万十川流域はお茶どころですし、巨大な粒の四万十栗も有名です。なるほど。

s-IMG_1546xr.jpg

印象的な道の駅のマークと記念撮影して...

s-IMG_1557xr.jpg

1時間ほど車を走らせて...



明るいうちに今日、明日の2泊お世話になる「宿泊処 松葉川屋(まつばかわや)」さんに到着しました。
本日の走行距離は491㎞。運転係の人、お疲れさま。

松葉川屋さんでは、一軒家を丸ごと貸していただけます。
また、ありがたいことに大型犬も宿泊可能です。
ペット料金は必要ですが、そのお金は日本介助犬協会に寄付されます。

s-IMG_1562xr.jpg

玄関土間も広々。

s-IMG_1563xr.jpg

お部屋は2つ。左のお部屋には備品の揃ったキッチンがあります。右のお部屋は寝室です。
また、お風呂やトイレも最新のもので実に快適でした。

s-IMG_1558xr.jpg



宿泊処「松葉川屋」のブログ』、11月7日の記事にトランプとレディーのことをご紹介いただいています。
ありがとうございました。

松葉川屋さんについて興味をお持ちになった方はぜひご訪問ください。

「松葉川屋」で検索したとき、上位にあがる「宿泊処 松葉川屋|四万十町役場」のページの下の方にある「松葉川屋ホームページはこちら」というリンクは決してクリックしないでください。悪質なサイトにとばされて、まったく根拠のない「ウイルスに感染している...」などの警告が出る可能性があります。

なお、この記事中のリンクは四万十町観光協会さんのもので安全です。



PageTop

40,010片の夢  04

2019年11月4日(振休) 《四国旅行 1日目:中土佐町から四万十町へ》

高知県中土佐(なかとさ)町に到着したころには、気持ちのいい青空になりました。

まずトランプにひかれるままに、久礼(くれ)港を散策。

s-IMG_1480xr.jpg

みんなで太平洋を眺めました。

s-IMG_1483xr.jpg

近年、観光地としてクローズアップされることが多い「久礼大正町市場」へ。
鰹の立体看板がいいですね。

案内板によると「大正町」という名称は...
1915年の大火の際、復興費として大正天皇から350円を賜ったことによって人々が町名を大正町に改めたとのことです。

s-IMG_1496xr.jpg



早朝に出発したので、お昼前に旅の目的地、四万十町に着きました。
ここは高知自動車道の四万十中央ICをおりてすぐのところにある「道の駅 あぐり窪川(くぼかわ)」です。

s-IMG_1509xr.jpg

トランプとレディーが日陰で休憩しているあいだ、私は少しお買い物。

s-IMG_1515xr.jpg

『まだかなーー。』

s-IMG_1517xr.jpg



さらに西へ車で40分ほど走って、「道の駅 四万十とおわ」まで足を伸ばしました。

川のにおいをかぎつけたのか、トランプは四万十川へ一直線。
日本最後の清流といわれる、あこがれの四万十川に足を浸して...

s-IMG_1521xr.jpg

しばらくは...しみじみ...

s-IMG_1522xr.jpg

道の駅にきていた他のワンちゃんたちと親交を深めていたレディーが...

s-IMG_1525xr.jpg

ようやく合流。

s-IMG_1526xr.jpg

四万十川のほとりで、楽しいひとときは続きます。

s-IMG_1527xr.jpg



PageTop

40,010片の夢  03

2019年11月4日(振休) 《四国旅行 1日目:霧の森 その3》

川からあがってきたトランプが...ブルブル!

s-IMG_1423xr.jpg

s-IMG_1424xr.jpg

s-IMG_1425xr.jpg

濡れたからだで私にくっついて甘えています。

s-IMG_1429xr.jpg

ここは愛媛県の「霧の森」。

s-IMG_1432xr.jpg

「冷たい水には近づかない主義」のレディーは...
川の水まであと15㎝まで近づきましたが、水には入りませんでした。

s-IMG_1436xr.jpg

トランプに「さぁ、行こうか。」と促すと、まるで子犬のようにはしゃぎながら進んでいます。

s-IMG_1440xr.jpg

s-IMG_1441xr.jpg

s-IMG_1443xr.jpg

s-IMG_1444xr.jpg

s-IMG_1445xr.jpg

「君、ほんとに11歳か?」

s-IMG_1447xr.jpg

s-IMG_1451xr.jpg

s-IMG_1453xr.jpg

s-IMG_1458xr.jpg

ここのシンボルでもある吊り橋を渡って、お店のあるエリアへ向かいましたが...
午前10時前でお店はまだ開いていません。残念。

s-IMG_1459xr.jpg

トランプは私とレディーを後に残して、精力的に歩きまわっています。
ここは「聴水庵」という純和風の休憩所です。

s-IMG_1467xr.jpg

ときおり降っていた細かい雨もやんで、青空が顔をのぞかせました。

s-IMG_1477xr.jpg

今から高知県に入ります。


PageTop

40,010片の夢  02

2019年11月4日(振休) 《四国旅行 1日目:霧の森 その2》

トランプは「霧の森」のせせらぎで川遊びをしています。

s-IMG_1383xr.jpg

この川は馬立川(うまたてがわ)。吉野川の上流です。

s-IMG_1385xr.jpg

s-IMG_1387xr.jpg

s-IMG_1389xr.jpg

s-IMG_1392xr.jpg

s-IMG_1396xr.jpg

トランプがきれいな川の水を味見。

s-IMG_1399xr.jpg

おいしかったようですね。

s-IMG_1400xr.jpg

s-IMG_1403xr.jpg

s-IMG_1405xr.jpg

s-IMG_1409xr.jpg

s-IMG_1410xr.jpg

s-IMG_1412xr.jpg

s-IMG_1415xr.jpg

s-IMG_1418xr.jpg

トランプの川遊びは続きます。


PageTop

40,010片の夢  01

2019年11月4日(振休) 《四国旅行 1日目:霧の森 その1》

トランプとレディーは早朝に自宅を出発して...
淡路島を縦断、徳島道、高知道と乗り継ぎ、午前9時前に「霧の森」に到着しました。

清流、馬立川(うまたてがわ)の水音が聞こえます。

s-IMG_1353xr.jpg

川のほとりでは木の葉が色づきはじめているようです。

s-IMG_1354xr.jpg

トランプは身を切るような冷たい流れにためらうことなくはいりました。

s-IMG_1359xr.jpg

s-IMG_1355xr.jpg

s-IMG_1361xr.jpg

s-IMG_1363xr.jpg

レディーは「冷たい水には近づかない主義」を貫いています。

s-IMG_1365xr.jpg

s-IMG_1369xr.jpg

s-IMG_1370xr.jpg

s-IMG_1371xr.jpg

s-IMG_1372xr.jpg

s-IMG_1373xr.jpg

s-IMG_1374xr.jpg

楽しそうです。

s-IMG_1375xr.jpg

s-IMG_1376xr.jpg

s-IMG_1378xr.jpg

朝の川遊びは続きます。



PageTop

秋の並木道で 4

2019年10月28日(月) 《その4》

トランプとレディーは「丹波並木道中央公園」を歩いています。

s-IMG_1265xr.jpg

s-IMG_1267xr.jpg

s-IMG_1268xr.jpg

s-IMG_1270xr.jpg

s-IMG_1275xr.jpg

s-IMG_1277xr.jpg

トランプが草を食べはじめました。

s-IMG_1279xr.jpg

s-IMG_1281xr.jpg

プチ変顔。

s-IMG_1282xr.jpg

s-IMG_1283xr.jpg

s-IMG_1285xr.jpg

s-IMG_1286xr.jpg

秋の空を見上げて、しばししみじみ。

s-IMG_1287xr.jpg

s-IMG_1288xr.jpg

s-IMG_1289xr.jpg

s-IMG_1290xr.jpg

s-IMG_1291xr.jpg

駐車場のそばには「太古の生きもの館」があります。

s-IMG_1293xr.jpg



午後2時過ぎに帰ってきました。

庭の片隅に植えた覚えのない柿の木があります。
実が色づいても鳥がついばんでいないことでおわかりの通り、渋柿。
そのうち吊し柿にしましょう。秋です。

s-IMG_1298xr.jpg



PageTop

秋の並木道で 3

2019年10月28日(月) 《その3》

トランプとレディーは「丹波並木道中央公園」でくつろいでいます。

s-IMG_1015irr.jpg

「トランプ、諏訪園さんの『栗蒸しこがし』をおやつに食べようか。」
蒸し饅頭の中に丹波産の大きな渋皮栗がはいっています。おいしー。

s-IMG_1017irr.jpg

s-IMG_1019irr.jpg

s-IMG_1021irr.jpg

s-IMG_1022irr.jpg

s-IMG_1023irr.jpg

s-IMG_1024irr.jpg

s-IMG_1025irr.jpg

s-IMG_1026irr.jpg

s-IMG_1028irr.jpg

s-IMG_1030irr.jpg

s-IMG_1032irr.jpg

s-IMG_1035irr.jpg

s-IMG_1036irr.jpg

穏やかなひとときは続きます。


PageTop

秋の並木道で 2

2019年10月28日(月) 《その2》

トランプとレディーは丹波篠山(ささやま)市にある「丹波並木道中央公園」で朝の運動をしています。

s-IMG_1233xr.jpg

s-IMG_1235xr.jpg

この公園のコンセプト、「森づくりから森づかいへ」を象徴する「森林活動センター」。
施設の中には森林を積極的に活用する目的でつくられた、本格的な製材所と木工施設があります。

s-IMG_1241xr.jpg

センターの横には製材を待つ丸太が積んでありました。

s-IMG_1244xr.jpg

冬枯れのはじまった芝生で、トランプがまたゴロンゴロン。

s-IMG_1246xr.jpg

s-IMG_1247xr.jpg

s-IMG_1248xr.jpg

s-IMG_1249xr.jpg

楽しそうです。

s-IMG_1250xr.jpg

s-IMG_1254xr.jpg

s-IMG_1255xr.jpg

s-IMG_1256xr.jpg

s-IMG_1258xr.jpg

s-IMG_1259xr.jpg

トランプとレディーはこの広大な公園をまだまだ歩きます。

s-IMG_1264xr.jpg



PageTop

秋の並木道で 1

2019年10月28日(月) 《その1》

今日も秋晴れ。
トランプとレディーは朝のウォーキングに向かう途中...

「茶遊菓楽 諏訪園 インター店」さんに立ち寄りました。

s-IMG_1198xr.jpg

このお店は本来、お茶の製造販売をしておられたのですが...
それに加えて、現在では和洋菓子のお店として有名です。
旬の丹波栗を使った和菓子ばかりを買い求めました。

s-IMG_1199xr.jpg



兵庫県立丹波並木道中央公園」に到着。

公園管理棟の前に「朝採り 黒枝豆 2枝 500円」という魅力的な看板を見て...
すぐ前の記事で「黒枝豆の食べ納め」などと言ってましたが...また買ってしまいました。

s-IMG_1202xr.jpg

萱葺民家の前で休憩。

s-IMG_1204xr.jpg

丹波栗を使った和菓子でおやつタイム。
やわらかいお餅を純栗餡で包んだ「栗もち」が3つあります。う~ん、絶品でした。

s-IMG_1207xr.jpg

萱葺民家の立派な門を出て...

s-IMG_1211xr.jpg

本格的に歩くことにしましょう。

s-IMG_1212xr.jpg

s-IMG_1214xr.jpg

s-IMG_1215xr.jpg

s-IMG_1217xr.jpg

気持ちのいいお散歩にうれしくなったトランプが豪快にゴロンゴロン!

s-IMG_1218xr.jpg

s-IMG_1219xr.jpg

s-IMG_1220xr.jpg

s-IMG_1221xr.jpg

s-IMG_1224xr.jpg

s-IMG_1225xr.jpg

s-IMG_1230xr.jpg

楽しいお散歩は続きます。



PageTop

黒枝豆の食べ納め 3

2019年10月27日(日) 《後篇》

トランプとレディーは三田(さんだ)市にある「有馬富士(ありまふじ)公園」でくつろいでいます。

s-IMG_4732nr.jpg

s-IMG_4723nr.jpg

s-IMG_4735nr.jpg

それではウォーキング再開。
トランプは「水辺の生態園」で冬眠前のカエルさんたちにごあいさつ。

s-IMG_1136xr.jpg

s-IMG_1142xr.jpg

s-IMG_1143xr.jpg

丘の上で小休止。

s-IMG_1148xr.jpg

s-IMG_1149xr.jpg

寝ころんだ場所が日陰ではなく、顔に太陽の光があたっても場所を変えようとしないレディー。
そんな君の性格がちょっと好きかも。

s-IMG_1150xr.jpg

s-IMG_1151xr.jpg

s-IMG_1152xr.jpg

s-IMG_1154xr.jpg

藪や草むらに顔を突っ込むのが大好きなトランプは、秋になると全身に「くっつく草の実」をつけます。
私はただいま草の実取りに従事中。

s-IMG_1165xr.jpg

少し歩いて...水分補給と休憩。

s-IMG_1172xr.jpg

s-IMG_1180xr.jpg

トランプとレディーは今朝もいっぱい歩きました。

s-IMG_1182xr.jpg



帰る途中、突然の雨に驚きましたが...お昼ごろに帰宅しました。

これは帰途、直売所で農家さんから入手した黒枝豆です。
丹波黒枝豆のシーズンもそろそろ終盤。
さやに茶色い斑点が出はじめて、あまりおいしそうには見えませんが...

s-IMG_1194xr.jpg

私たちはこの時期の「明日から黒豆になります。」状態の黒枝豆が大好物です。
解禁のころの2倍ほどにもふくらんだ実を少し長めに茹でると...食感はモチモチとして実に滋味あふれる味わい。

みんなで黒枝豆をおやつにいただきました。あっという間に完食。
今秋の黒枝豆はこれで食べ納めになりそうですね。



PageTop

黒枝豆の食べ納め 2

2019年10月27日(日) 《中篇》

トランプとレディーは「有馬富士(ありまふじ)公園」にある福島(ふくしま)大池のほとりでひと休みしています。

s-IMG_0996rr.jpg

s-IMG_0997irr.jpg

s-IMG_0998irr.jpg

s-IMG_0999irr.jpg

s-IMG_1000irr.jpg

s-IMG_1001irr.jpg

s-IMG_1003irr.jpg

s-IMG_1005irr.jpg

s-IMG_1006irr.jpg

s-IMG_1007irr.jpg

s-IMG_1009irr.jpg

s-IMG_1011irr.jpg

s-IMG_1013irr.jpg

快適な木蔭でのひとときは続きます。


PageTop

黒枝豆の食べ納め 1

2019年10月27日(日) 《前篇》

秋晴れの日曜日。
トランプとレディーは「有馬富士(ありまふじ)公園」で朝のお散歩をしています。

s-IMG_1102xr.jpg

s-IMG_1109xr.jpg

福島(ふくしま)大池のむこうに有馬富士がくっきりと見えます。

s-IMG_1112xr.jpg

この前、この公園でオオスズメバチに襲われましたので、今日は森の中へは入らないコースを歩く予定です。

s-IMG_1118xr.jpg

s-IMG_1127xr.jpg

柿の実が色づいています。

s-IMG_1130xr.jpg

「花しょうぶ園」の中を通って...

s-IMG_1131xr.jpg

s-IMG_1133xr.jpg

「水辺の生態園」の休憩所でのんびりしました。

s-IMG_4721nr.jpg

s-IMG_4727nr.jpg

s-IMG_4722nr.jpg

s-IMG_4728nr.jpg

s-IMG_4730nr.jpg

s-IMG_4731nr.jpg

穏やかなひとときは続きます。


PageTop