FC2ブログ

バーニーズがやってきた!

バーニーズ・マウンテン・ドッグの子犬がわが家にやってきました!バーニーズと暮らす日々を写真中心にご紹介します。

ネムルハス  1

2020年6月15日(月) 《前篇》

どんより曇った朝。
トランプとレディーは三田(さんだ)市にある「小野(おの)公園」をひとまわり歩いてから...
お水を飲んで、「蓮池」のほとりで休憩しています。

s-IMG_5357ns.jpg

s-IMG_5359ns.jpg

s-IMG_5360ns.jpg

長距離を歩いたわけではありませんが、蒸し暑くてハァハァがなかなかおさまりません。

s-IMG_5361ns.jpg

s-IMG_5362ns.jpg

夏服仕様のレディーはもうハァハァがおさまってきたようです。

s-IMG_5364ns.jpg

s-IMG_5365ns.jpg

s-IMG_5367ns.jpg

蓮池という名前の池ですが、美しい花を咲かせているのはスイレンばかりですね。

s-IMG_5372ns.jpg

静かなひとときは続きます。



PageTop

Forno a Legna

2020年6月10日(水)

梅雨の中休みで少し青空が見える朝になりました。
早朝から起きているレディーからご近所散歩に出発。

自宅のまわりは林や池に囲まれていますが、少し歩くと薪釜ピッツァのお店があります。

s-IMG_6272xs.jpg

s-IMG_6274xs.jpg

s-IMG_6276xs.jpg

s-IMG_6280xs.jpg

水田では稲がすくすく育っているようです。

s-IMG_6281xs.jpg

続いてトランプが朝のお散歩に。

s-IMG_6284xs.jpg

どんどん気温があがっていて、短めのウォーキングになりそうです。

s-IMG_6285xs.jpg




PageTop

おかげ犬に...なる  12

2020年6月9日(月) 《松坂城跡で その2》

トランプとレディーは「松坂(まつさか)城跡」の南側にある「御城番(ごじょうばん)屋敷」を散策しています。

この角度から見ると、この組屋敷が屋根を共有する「長屋」であるのがよくわかります。

s-IMG_6247xs.jpg

s-IMG_6254xs.jpg

美しく整えられた槇(まき)の生け垣は見る者の眼をとらえて離しません。

s-IMG_6257xs.jpg

s-IMG_6258xs.jpg

裏門跡から松坂城跡に入ります。

s-IMG_6261xs.jpg

石垣の中にハート型の石を見つけました。
ガイドブックや観光のウェブサイトにも載っていなかったので、ひょっとしたら新発見かもしれません。

s-IMG_065045hhps.jpg

立派な藤棚。
満開のころはさぞ見事な眺めだったことでしょう。

s-IMG_6263xs.jpg

s-IMG_6265xs.jpg

s-IMG_6266xs.jpg

そろそろ駐車場に戻りましょう。

s-IMG_6268xs.jpg

この後、ホテルに戻って朝食。
チェックアウトをしてから、農産物直売所や地元スーパーを中心に買い物をしながら帰りました。

自宅に着いたのは午後3時ごろ。
静かな午後、あたりが暗くなるまでみんなでお昼寝を楽しみました。

《蛇 足》

伊勢うどん」という独特の様式を持つうどんがあります。

私たちは麺のコシと伸びを重視する讃岐うどんが大好きで、このブログでも...
2010年1月2018年4月2018年11月2019年11月の記事で香川県でいただいたおいしい讃岐うどんをご紹介しています。
また、大阪で讃岐うどんのコシを楽しみたくなったときには、自転車で5分ほどのところにある「釜ひろ」さんへお伺いして、最近では「新ジャンル」となった大阪讃岐うどんをいただきます。
(釜ひろさんの冷たい「生醤油うどん」は絶品だと思いますが、他のメニューもとても美味です。)

仮に普通のうどんのコシを数値で表して50とするなら、讃岐うどんは80から100といったところでしょうか。ところが、伊勢うどんのコシはほぼ0。
三重県には「伊勢うどん」の名店がいくつもありますが、そのうちの1軒を取材した記事によると「お客さんに出す前日に極太のうどんを1時間ほど茹でて寝かしておく」そうです。すると麺全体が均質に柔らかくなって、独特の歯ざわりが生まれるとのこと。

その柔らかいうどんを再び茹で、たまり醤油、ざらめ、みりんなどで味をつけた黒くてとろみのあるタレをかけて提供されるのが伊勢うどんです。このタレは決して塩からくなく、見かけに反して甘いのが特徴です。

極太のふわふわ、プニプニしたうどんに甘いタレ。
他の土地にはない組み合わせですが、蠱惑的な魅力を持った素晴らしいうどんです。

今回のお伊勢参りでもお店で伊勢うどんをいただきたかったのですが、暑い中、車内でトランプとレディーを待たせることは「絶対に」できませんから、スーパーで麺とタレのセットを買って自宅で味わうことにしました。

私たちのお気に入りは三重県にある「大徳(だいとく)食品 中京事業所」さん製造によるこのセットです。

s-IMG_6317xs.jpg

麺を少し長めにゆでて、タレをかければはい、できあがり。
他のおかずといっしょにいただくので、薬味や具はとくに必要ありません。

s-IMG_6322xs.jpg

今はもう6月の下旬ですが、伊勢から帰って以来、炭水化物を食べたいときの主力メニューはコレです。
(上の写真の包装にある通り、賞味期限は8月2日なのでご心配なく。)



《蛇足の蛇足》

ここからは私〔夫〕の独り言です。

「めしばな刑事(デカ) タチバナ」(原作 坂戸佐兵衛さん 作画 旅井とりさん/徳間コミックス)の第7巻に「うどん百景」というシリーズがあって、『うどん帝国「四国」を取り囲むようにコシなしうどん包囲網が存在している』というテーゼが打ち立てられ、それを実証する各地のうどんが次々と提示されます。

そのひとつとして、(当然のことですが)コシほぼ0の伊勢うどんについても次のように語られています。

s-IMG_5408ns.jpg

また、それを原作とする佐藤二朗さん主演のTVドラマでは下のような『アンチコシ包囲網』という名前の明確な地図も掲げられています。
(下の画像はDVDからのキャプチャーです。DVDも持ってるんだもん。)

s-capMTcs.jpg

この分析には目から鱗。うどんのコシをあまり重視しない地域の方が広かったのか...

名古屋、福岡、広島のコシに頼らないうどんはいつの日か腰をすえて味わってみたいと思っていますが...
私が子供のころから味わい続けているのはやはり「コシにこだわらない大阪のうどん」です。

今にして思えば、大阪のうどんで大切なのは具であり、出汁。
30歳を超えて讃岐うどんの存在を知るまで、私自身もうどんのコシはあまり気にしていませんでした。

私のうどん体験はみなさんと同じように家で作ってもらったうどんからはじまります。
小さいころ、毎週日曜の朝食はほぼあたたかいうどんでした。
ひとりでお使いができるようになると、徒歩で近くの製麺所へうどんの玉を買いに行くのは私の役割になりました。

製麺所の方に玉の数を伝えると、太い菜箸を短く切ったような道具2本を片手に持ち、うどんの玉を注文した数だけ次々と刺しつらぬいて、当時は「蝋紙」とよんでいた半透明の紙に手早く包んでくださいます。
家に戻るころには熱い出汁ができていて、それにお湯で軽くさばいたうどん玉、生卵、刻んだ葱を入れて「いただきます。」。
これが日曜朝の習慣でした。

私は祖母に育てられましたが、祖母の気合いが入っているときには昆布と削った鰹節で出汁を取り、薄口醤油であっさりした味をつけた極上のツユ。忙しい朝にはヒガシマルのうどんスープを湯でといたツユ。柔らかくのどごしのいい麺がここちよく、どちらのツユもおいしかったです。

今日まで私自身が外食でいちばん数多く食べたうどんのメニューといえば、近畿を中心に多数の店舗があるチェーン店「都そば」の「スタミナうどん」だと思います。高校2年以降、いろんな事情で朝食が用意されていないときには、自宅と最寄り駅の間にあった「都そば」の店で朝食を食べてから高校へ登校しました。

「スタミナうどん」とはつるんとしたコシのないうどんにかき揚げと生卵がのっているメニューです。
このかき揚げというのが、ご覧になったことのない方には信じていただけないようなモノで、いわば「天かす」の集合体。干しエビのかけらのようなものを感じるときもありますが、基本は天ぷらの衣のみを油で揚げただけの物体とお考えください。このかき揚げはすばやく出汁を吸収して崩れ、麺をすべて食べ終わるころには出汁と渾然一体となった油っこいドロリとした「液体と固体の中間のような物質」になります。それを飲みほして朝食は終了。確か200円でおつりがいただけたような記憶があります。

というような文を書いていると...「今でもスタミナうどんはあるのだろうか。あるならば食べてみたい。」という気持ちが沸々とわき上がりました。
ネットで検索すると...自転車で行ける範囲に「都そば」のお店があることがわかり、半世紀ぶり(!)に行ってきました。

その雄姿が次の写真です。価格は410円でしたが、見た目も味もほぼ昔のままでした。
うどんも平らに打ってから切る製法ではなく、穴から押し出して成型するやりかたのように思いますが不満はありません。
さざ波のように押し寄せる懐かしさの中で、おいしくいただきました。

s-DSC_0526thps.jpg

さて帰り道、自転車を漕ぎながらマスクの下で感じた後味は「過剰なうまみ」。

これが天然原料でつくられたプロ用の出汁の素からくるのか、化学調味料からくるのかを判断できるほど鋭敏な舌は持っていませんが、後口に残る「過剰なうまみ」が妙に気になりました。

これが50年近く前も同じだったのかどうかは分かりません。
腹さえ膨らめば満足していた高校生のときと、小食になった現在では味覚そのものが違うでしょうし、当時の味覚の記憶も今となってはおぼろげなものになっていますから。

ともあれ...そんなことをぼんやり考え、マスクの息苦しさに耐えながら、ゆっくりゆっくり自転車を漕いでトランプとレディーが待つ涼しい部屋へ帰ったのでした。



PageTop

おかげ犬に...なる  11

2020年6月9日(月) 《松坂城跡で その1》

トランプとレディーは早朝5時に起床。
6時過ぎに「松坂(まつさか)城跡」へやってきました。

s-IMG_6233xs.jpg

暑さを避けようと意気込んで早起きしたのですが、予想に反して曇り空。
とても涼しい朝になりました。

s-IMG_6236xs.jpg

まずは槇(まき)の生け垣と石畳が美しい「御城番屋敷(ごじょうばんやしき)」へ。

s-IMG_6237xs.jpg

現存する武家屋敷としては最大規模のもので、城の警護を任された誇り高い紀州藩士たちのために作られた屋敷です。

s-IMG_6240xs.jpg

今の都道府県だと和歌山県の人が三重県にあるお城の警備につくのは地域的に遠いように思いますが、両県は紀伊半島の南端に県境を持つ隣県ですね。

s-IMG_6244xs.jpg

この武家屋敷には現在も紀州藩士のご子孫がお住まいで、建物の維持管理をしておられます。

s-IMG_6245xs.jpg

私たちがお伺いしたときにも、オレンジ色を基調とするジョギングウエアの女性が私たちに朝の挨拶をしてくださって、軽やかに走っていかれました。

s-IMG_6249xs.jpg

御城番屋敷でのお散歩は続きます。

《蛇 足》

城があるのは松市。
『どうして「坂」の字が近代になって「阪」の字にかわったのか問題』についてですが...

本居宣長記念館」さんのウェブサイトによると...
(「国学を大成した」というキーワードで歴史の教科書に出てくる本居宣長さんですが、現在の松阪市のお生まれです。)

宣長の「玉勝間」でも「松坂」と「松阪」の混用はみられますが、正式に「松阪」と決まったのは、1889年、市町村制が実施され、松阪と隣接5ヶ村の一部が合併して「松阪町」が誕生したときだそうです。

そしてその理由としては「明治になって大坂が大阪となった」ことにならったとしています。

なぜ「坂」の字を「阪」の字にしなければならなかったのかについては説明がありませんでしたので...
大阪のことについては、まず牧村史陽(まきむらしよう)先生の「大阪ことば事典」。
すると...

オォサカ【大阪・大坂】の項に「大坂を大阪と書くようになったいきさつ」として、浜松歌国(はままつうたくに)の著した「摂陽(せつよう)落穂集」(文化5年/1808年編)からの引用がありまして、テキトーに現代語になおすと...

『ある人が言うには、大坂と書くときに坂の字を用いるには注意が必要である。「坂」の字は土偏に反(かえ)ると書く。「土にかえる」と解釈できるので、これを忌み嫌う人もあって「こざと偏」にかえた「阪」と書くべきである。』

「大阪ことば事典」ではその引用の後に「当時すでに阪の字を用いることの方が当を得ていると思われていたと見るべき節がある。」と述べています。

つまり、19世紀初頭以降のいわゆる「もの知り」たちには「坂という字は土にかえると書いて、死がイメージされるので縁起が悪い」という蘊蓄が共有されていたのが「地名などの坂を阪に直した理由」のようです。

ちなみに...それでは、こざと偏はどういう意味なのかを調べてみたのですが...
「こざとへん」を漢字変換させてみると「阜偏」と表示されるのでおわかりの通り、「こざと偏」の起源は「岐阜の阜以外にめったに使わない阜という漢字」で、いつもお世話になっている諸橋漢和によると...

「阜」という漢字の正字は
   s-fu2.jpg
で、元になったのは岡が重なって見えるのを象(かたど)った
   s-fu1.jpg
という字。

その意味は、岡、大陸、さらには大きい、さかんなどで「こざと偏」に悪い意味はなさそうです。

ところで、阜の訓読みに「こざとへん」(!)とありました。
ということは、「阜偏」は「こざとへんへん」と読まなくてはならないのでしょうか...ハハハ。

《蛇足の蛇足》

「松阪」の読みは「まつさか」。
「まつざか」と濁って読むのは間違いとされていますが...
上でもリンクさせていただいた「本居宣長記念館」さんのウェブによると、「まつさか」と清音で読むと統一したのは2005年1月1日なのだそうです。
21世紀になってからなんや。




PageTop

おかげ犬に...なる  10

2020年6月8日(月) 《二見興玉神社へ》

トランプとレディーは内宮(ないくう)から車で20分ほど移動...
二見興玉(ふたみおきたま)神社」へやってきました。

内宮で車からおりなかったトランプは...
海のにおいを感じたのかもしれません。外へ出るという意思を示しました。
地図によると、歩くのは100メートルほど、暑い中でも大丈夫だろうということで...みんなで神社の前まで歩いてきました。

s-IMG_6213xs.jpg

境内にいくつもの蛙の像があり、近くの土産物屋さんにも「無事に帰る」「お金が返る」などの意味を持つとして蛙のおみやげが売られています。
ご祭神「猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)」の使いが蛙なのだそうです。
「サルタヒコ」というとまっ赤な顔をした天狗さんのイメージですが、蛙が使いとは知りませんでした。

s-IMG_6217xs.jpg

下の写真の右上にある注連縄(しめなわ)を張った大小の岩が有名な「夫婦岩(めおといわ)」。
近年は「恋のパワースポット」として人気があるのだとか。

s-IMG_6218xs.jpg

s-IMG_6222xs.jpg

トランプが海を眺めています。

s-IMG_6225xs.jpg

s-IMG_6228xs.jpg



ということで...午後2時ごろにホテルに戻って、エアコンをきかせた部屋でお昼寝をしました。
よく歩いたレディーはすぐに寝息をたてています。

s-IMG_5337ns.jpg

トランプも...

s-IMG_5338ns.jpg

...

s-IMG_5342ns.jpg

眠りにつきました。

s-IMG_5345ns.jpg

夕方、暗くなってからレディーのお散歩で外に出ると、西の空にかすかな残照が...

s-IMG_6232xs.jpg

明日も暑くなりそうです。




PageTop

おかげ犬に...なる  09

2020年6月8日(月) 《内宮で その2》

レディーと私は伊勢神宮内宮(ないくう)にお参りした後、木蔭でひと休みしました。

s-IMG_6189xs.jpg

帰り道は「おはらい町」に並ぶお店に立ち寄りながら、ゆっくり歩いて戻ります。
SNOOPY茶屋」ですか。かわいい。

s-IMG_6192xs.jpg

s-IMG_6195xs.jpg

この一画が「おかげ横丁」。

s-IMG_6198xs.jpg

「おかげ横町」の入り口に立つ巨大な石造りの招き猫さんと記念撮影。
レディーはこの程度の荷物にくくりつけるだけで、「ステイ」ができるようになりました。よしよし。

s-IMG_6199xs.jpg

このお店は精肉店「豚捨(ぶたすて)」さん。何ともおもしろい屋号ですが...
豚を飼っていた捨吉さんがはじめた精肉店なのでこの屋号になったという説以外に、このお店の牛肉があまりにも美味しくて「豚肉など捨ててしまえ。」といういささか乱暴なお客さんがおられたからという説もあるそうです。

このような時期ですから規模を縮小して営業をしておられましたが、評判のコロッケを購入。
ジャガイモの甘めの味つけが絶妙で、何もつけずにおいしくいただけました。

s-IMG_6201xs.jpg

この地下道を渡ると、トランプの待つ駐車場です。

s-IMG_6203xs.jpg

ところが涼しい地下道に入ったとたん、暑い中、往復2㎞ほどを歩いたレディーが歩みをとめて...

s-IMG_6207xs.jpg

ドサッと寝ころんで、休憩を希望。
夏服仕様のレディーにもきつい行程だったようです。

s-IMG_6209xs.jpg

まわりの展示物を眺めながら、レディーのハァハァがおさまって、立ち上がる気になるまで待ってやることにします。

《補 足》

私たちは伊勢の土地柄が好きで、何度もお伺いしています。
このブログを始めてからでも2012年8月2012年11月に続いて3度目です。

今回、おはらい町、おかげ横丁で買ったおみやげをご紹介しますと...

まず、「虎屋ういろ」さんの外郎(ういろう)。
以前は近鉄百貨店の阿倍野(あべの)店にサテライトを出しておられたのですが、残念ながら現在は期間限定で大阪のいくつかの百貨店に出店なさるだけになりました。その出店の期間を調べて、購入にいくほどのファンです。
あっさりした甘みと柔らかめの歯ざわりのバランスが素晴らしくて、ふだんはあまり甘いものを食しない〔夫〕も「虎屋ういろ」さんの「白ういろ」と「黒ういろ」だけは取り憑かれたようにいただきます。

もうひとつは「まる天」さんの関西で言うところの天ぷら。魚のすり身を油で揚げたものです。
私たちがトランプとレディーを連れてよく行く和歌山県の白浜(しらはま)にも「まる天」さんの支店があって、白浜へ行くたびにたくさん買っています。
新鮮な材料で作られた天ぷらは歯ごたえがあって、バリエーション豊かな製品それぞれの味つけもちょうどいい濃さでお気に入り。今日もたくさん買ってしまいました。

今日のランチはホテルのお部屋でコロッケ、天ぷらを堪能してから、デザートに外郎をいただきます。
楽しみです。(栄養のバランスについては考えないでください。)




PageTop

おかげ犬に...なる  08

2020年6月8日(月) 《内宮で》

トランプとレディーは伊勢神宮内宮(ないくう)、皇大神宮(こうたいじんぐう)へやってきましたが...
外宮(げくう)同様、内宮に近い駐車場はすべて閉鎖。1㎞ほど離れた駐車場に車をとめなければなりませんでした。

あたりの気温はすでに30℃を大きく超えています。
私たちがワゴン車のバックドアをあけて、犬用ステップの用意をしていると...
トランプがドアから身を乗り出してあたりのようすを観察...
再び車内に戻って、「車からおりない」という明確な意思を示しました。

「わかった、トランプ。君の勇気ある撤退を尊重しよう。」

ということで...トランプとお世話係の人員1人を駐車場に残して、レディーと私が内宮に向かいます。
この地下道を通って...

s-IMG_6165xs.jpg

おはらい町」を端から端まで約800m歩いて...

s-IMG_6168xs.jpg

内宮の表参道に到着。
外宮とは逆で、鳥居の奥に「火除橋(ひよけばし)」が架かっています。

s-IMG_6170xs.jpg

レディーが入ることができるのは鳥居の手前までです。

s-IMG_6172xs.jpg

s-IMG_6173xs.jpg

右端に見える建物は外宮にもあった「衛士見張所(えしみはりしょ)」。

s-IMG_6179xs.jpg

ご祭神は「天照大神(あまてらすおおみかみ)」。
この地に祭られるようになったのは今から2000年ほど前、西暦紀元ごろだそうです。

s-IMG_6180xs.jpg

夏の雲がますます発達してきました。

s-IMG_6183xs.jpg

水分補給をして、木蔭でしばらく休憩することにします。

s-IMG_6186xs.jpg




PageTop

おかげ犬に...なる  07

2020年6月8日(月) 《外宮へ》

トランプとレディーは「ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや) 伊勢松阪店」さんで朝を迎えました。

早朝、レディーがホテルの周辺をお散歩しています。

s-IMG_6129xs.jpg

旅籠屋さんの周囲はご覧のように水田地帯です。

s-IMG_6132xs.jpg



トランプとレディーは伊勢神宮外宮(げくう)、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)に到着しました。
このような時期なので表参道に近い駐車場はすべて閉鎖。予定より長い距離を歩かねばなりません。

午前8時過ぎですが気温は30℃。
車を置いた駐車場からかなりの距離を歩きましたので、木蔭で水分補給をしてひと休みしています。

s-IMG_6138xs.jpg

外宮の表参道まで歩いてきました。

s-IMG_6145xs.jpg

火除橋(ひよけばし)を渡ったところにある鳥居をくぐると境内ですが...

s-IMG_6146xs.jpg

トランプとレディーはここまで。
「下乗」の高札が掲げられていて、ここから参拝をする人は乗り物からおりることになっています。

右奥にある建物は「衛士見張所(えしみはりしょ)」です。

s-IMG_6152xs.jpg

外宮のご祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)。
内宮(ないくう)のご祭神、天照大神(あまてらすおおみかみ)のお食事のお世話をなさる神様だそうで...
今の内宮の500年ほど後、つまり西暦500年ごろに外宮に祭られるようになったとのことです。

s-IMG_6155xs.jpg

大通りに面したところまで出てきました。

s-IMG_6159xs.jpg

快晴の青空から容赦のない陽ざしが照りつけています。

s-IMG_6160xs.jpg

今から内宮へお伺いします。

s-IMG_6163.jpg

《蛇 足》

記事のタイトル「おかげ犬に...なる」は...
2018年、当時10歳のトランプが785段の石段を一気に駆けのぼって金刀比羅宮(ことひらぐう)にお参りした「こんぴら狗(いぬ)に...なる」と対応したものです。

おかげ犬」とはこんぴら狗と同じように、沿道の人々にお世話されながら伊勢神宮まで旅をして飼い主の代参をした犬のことであるのはいうまでもありません。

なお、今年の4月にご縁があってお伺いした「出雲大社(いづもおおやしろ)」も、「金刀比羅宮」もご本殿のすぐ前までトランプとレディーが参上することが許されていますが、伊勢神宮ではペットが境内に入ることが禁じられていますのでご注意ください。
(そのようなルールのある伊勢神宮ですが、参道のお店はワンコたちにとてもフレンドリーです。念のため。)

また、上の記事内でご紹介している「衛士見張所」では小型のペットは預かってくださるそうですが、大型は不可です。

《蛇足の蛇足》

学生のころ、律令制度で大宰府などの警備をする防人と並んで、都の警備をする衛士(えじ)が徴兵されたと習いましたが...
「衛士」という言葉が現在も用いられているとこに少し感動しました。

今の伊勢神宮では濁音を使わず「えし」あるいは「えいし」と読んでおられるようです。
考えてみれば、奈良時代や平安時代の人々の本当の発音がどうだったのか知るすべはありませんけれど。




PageTop

おかげ犬に...なる  06

2020年6月7日(日) 《お部屋で》

トランプとレディーはエアコンの効いたホテルのお部屋でのんびりしています。

s-DSC_0523thps.jpg

s-IMG_5319ns.jpg

s-IMG_5320ns.jpg

s-IMG_5321ns.jpg

s-IMG_5323ns.jpg

s-IMG_5326ns.jpg

レディーが寝息をたてはじめました。

s-IMG_5329ns.jpg

一方、トランプは気迫のこもった眼をしています。

s-IMG_5331ns.jpg

「明日はもっと暑くなりそうだし、朝早く出発するからゆっくり休みなさい。」

s-IMG_5334ns.jpg

明日は伊勢神宮にお伺いする予定です。



PageTop

おかげ犬に...なる  05

2020年6月7日(日) 《松阪市から明和町へ》

トランプとレディーは「高須(たかす)町公園」でお散歩をしています。

s-IMG_6110xs.jpg

s-IMG_6113xs.jpg

青空から照りつける強烈な夏の太陽を避けて...

s-IMG_6114xs.jpg

木蔭でひと休み。

s-IMG_6116xs.jpg

s-IMG_6118xs.jpg

『あつい。』

s-IMG_6120xs.jpg



ということで...まだ午後3時過ぎではありますが...
2連泊でお世話になる「ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや) 伊勢松阪店」さんへチェックイン。

s-IMG_6121xs.jpg

いつもの通り、清潔な室内。

s-IMG_6126xs.jpg

こんなに早い時間にチェックインしたのは、シニア犬になったトランプの体力がこの暑さで奪われるのを防ぐためです。
今からエアコンを効かせたお部屋の中で、ゆっくりお昼寝をします。



PageTop

おかげ犬に...なる  04

2020年6月7日(日) 《松阪で その3》

トランプとレディーは「阪内川(さかないがわ)親水公園」でくつろいでいます。

s-IMG_1260irs.jpg

s-IMG_1262irs.jpg

s-IMG_1263irs.jpg

s-IMG_1264irs.jpg

s-IMG_1265irs.jpg

s-IMG_1266irs.jpg

s-IMG_1268irs.jpg

s-IMG_1269irs.jpg

s-IMG_1270irs.jpg

s-IMG_1271irs.jpg

s-IMG_1272irs.jpg

s-IMG_1274irs.jpg

s-IMG_1278irs.jpg

s-IMG_1279irs.jpg

s-IMG_1280irs.jpg

s-IMG_1281irs.jpg

穏やかなひとときは続きます。



PageTop

おかげ犬に...なる  03

2020年6月7日(日) 《松阪で その2》

トランプとレディーは「阪内川(さかないがわ)親水公園」で昼食後の休憩をしています。

s-IMG_6090xs.jpg

夏の陽ざしは強烈ですが...

s-IMG_6091xs.jpg

トランプもレディーもあまりハァハァしていないのでおわかりの通り...
川面を渡ってくる風は意外なほど涼しくて、日陰は快適です。

s-IMG_6095xs.jpg

s-IMG_6101xs.jpg

s-IMG_6102xs.jpg

s-IMG_6104xs.jpg

s-IMG_6108xs.jpg

のんびりしたひとときは続きます。




PageTop

おかげ犬に...なる  02

2020年6月7日(日) 《松阪で その1》

トランプとレディーは「阪内川(さかないがわ)親水公園」でくつろいでいます。

s-IMG_6069xs.jpg

s-IMG_6071xs.jpg

秋を思わせる高層の雲。

s-IMG_6073xs.jpg

公園から車で10分ほどのところにあるイタリアンレストラン、「松阪ダルマ/matsusaka daRumA」さんへ、予約していたテイクアウトのランチを受け取りに行きました。

s-IMG_6077xs.jpg

ピザかパスタを2品選んで、それにイタリアン前菜10種盛りがつくセットメニューです。
私たちが選んだのはピザ2枚。手前の4種チーズのクワトロ・フォルマッジオと...

s-IMG_6080xs.jpg

印象的な形の「太陽のピザ イル・ソーレ」。
お店のオリジナルで、ジェノベーゼソースに小エビとモッツァレラチーズなどをトッピング。
さらに、ふちのとんがった部分にはイタリア産のピカンテというピリ辛サラミとチーズが包んであります。

s-IMG_6087xs.jpg

それではいただきます。

s-IMG_6084xs.jpg

よく吟味された食材を使ったお料理ばかり。
ピッツァ生地もおいしくて、おなかいっぱいいただきました。
ごちそうさまでした。



前菜の盛り合わせはこんな内容でした。
10種ひとつひとつに丁寧なお仕事をなさっていて、お味もすばらしかったです。

s-IMG_5347ns.jpg

なお、この日はまだテイクアウトのみの営業でしたが、6月10日から本格的に営業を再開されるとのこと。
次の機会にはお店でディナーをいただきたいですね。

ちなみに...最後の写真の背景はレディーです。




PageTop

おかげ犬に...なる  01

2020年6月7日(日) 《津で》

トランプとレディーは伊勢自動車道の「安濃(あのう)サービスエリア」をお散歩中です。

s-IMG_6052xs.jpg

まだ早朝ですが、快晴の青空から夏の太陽が照りつけています。

s-IMG_6053xs.jpg

s-IMG_6054xs.jpg

広いヘリポート。

s-IMG_6055xs.jpg

s-IMG_6056xs.jpg

レディーが立派なドッグランを利用中。

s-IMG_6062xs.jpg

ここはドッグランの外にある観覧席...「君がドッグランを眺めてたらあかんがな。」

s-IMG_6066xs.jpg

『へへーー。』

s-IMG_6067xs.jpg

今から三重県をさらに南に移動します。




PageTop

小判の実

2020年6月4日(木)

今日も暑くなりそうです。
いつもより早い時間に朝のお散歩をすることにしました。

まず、レディーが出発。

s-IMG_6014xs.jpg

s-IMG_6016xs.jpg

ご近所をかるくひとまわりして、帰ってきました。

s-IMG_6018xs.jpg

続いて、トランプが家を出ました。
まだ眠いのか、大あくび。

s-IMG_6025xs.jpg

s-IMG_6026xs.jpg

自宅から100メートルほど歩くと...大自然。ハハハ。

s-IMG_6029xs.jpg

トランプが草を食べはじめましたが...

s-IMG_6042xs.jpg

手前にコバンソウ(小判草)の実がなっていますね。
金運を招く実だそうです。

s-IMG_6043xs.jpg

トランプはもう少し歩いてから、戻ります。

s-IMG_6047xs.jpg




PageTop

黄金の蜘蛛

2020年6月3日(水)

6月になりました。
梅雨の到来を思わせるどんよりした曇り空の朝。
トランプとレディーは朝の運動に広い野原へやってきました。

今朝はレディーのお散歩をご紹介しましょう。

s-IMG_5992xs.jpg

レディーがせせらぎを上の段から眺めています。

s-IMG_5993xs.jpg

どうしてわざわざそんなに狭いところを通ろうとするかなぁ。

s-IMG_5997xs.jpg

広い野原に到着。

s-IMG_6001xs.jpg

野原のすぐそばにある中学校の前まで歩いてきました。

これは休校中の中学生たちを励まそうと先生方が寄せ書きでお作りになった応援フラッグ、「がんばろう今中生(こんちゅうせい)!!」。
先生方のメッセージやいろんな国の言葉の「がんばろう」が書いてあります。
この旗は地元のメディアに取り上げられて、有名になりました。

s-IMG_6003xs.jpg

もちろんこの中学校も6月に入って、本来の姿に戻りつつあります。



家に帰ってきました。
トランプはいつもの場所でくつろいでいます。

s-IMG_6007xs.jpg

s-IMG_6010xs.jpg

テラスに出るところの網戸にコガネグモ(黄金蜘蛛)が繊細な巣をかけていました。
独特の飾りのある巣の中央で、8本の脚を2本ずつまとめて獲物を待っています。

s-IMG_5315ns.jpg

庭にジョロウグモ(女郎蜘蛛)はたくさん見かけますが、コガネグモは久しぶり。
よく見ると腹部の模様には中南米を連想させる雰囲気がありますね。

午後は蒸し暑くなりそうです。
各自、涼しいところを探してお昼寝してください。



PageTop

梅雨を知らせる花

2020年5月31日(日)

どんよりした曇り空です。
トランプは午後、「巽東(たつみひがし)緑地」へウォーキングにやってきました。

梅雨を知らせる花として有名な「立葵(タチアオイ)」がきれいに咲いています。

s-IMG_5960xs.jpg

実は...「タチアオイ」という名前がすぐに思い出せなくて...
Google レンズ氏のお世話になったことを告白しなければなりません。
便利な世の中になったものじゃ。ハハハ。

s-IMG_5961xs.jpg

緑地の周回道路にそって、ゆっくりお散歩しました。

s-IMG_5962xs.jpg

s-IMG_5964xs.jpg

s-IMG_5969xs.jpg

はるか南の海上に梅雨前線ができたからか、少し蒸し暑いですね。

s-IMG_5971xs.jpg

s-IMG_5972xs.jpg

s-IMG_5973xs.jpg

トランプは今日もいっぱい歩きました。

s-IMG_5981xs.jpg




PageTop

葉桜のめぐみ 4

2020年5月28日(木) 《その4》

トランプとレディーは武庫川(むこがわ)の土手の上にある葉桜の木蔭でくつろいでいます。

s-IMG_5924xs.jpg

s-IMG_5927xs.jpg

『すずしーー。』

s-IMG_5928xs.jpg

そろそろ引きかえしましょう。

s-IMG_5929xs.jpg

s-IMG_5930xs.jpg

レディーが寄り道をしながらゆっくり歩くので...

s-IMG_5932xs.jpg

足の速いトランプがあんなに小さく見えます。

s-IMG_5936xs.jpg

s-IMG_5937xs.jpg

s-IMG_5939xs.jpg

もう少し歩くと駐車場です。

s-IMG_5940xs.jpg

トランプとレディーは今朝もいっぱい歩きました。



PageTop

葉桜のめぐみ 3

2020年5月28日(木) 《その3》

トランプとレディーは武庫川(むこがわ)のほとりにある葉桜の木蔭で初夏の風を楽しんでいます。

s-IMG_1243irs.jpg

s-IMG_1244irs.jpg

s-IMG_1245irs.jpg

s-IMG_1246irs.jpg

s-IMG_1247irs.jpg

s-IMG_1248irs.jpg

s-IMG_1249irs.jpg

s-IMG_1250irs.jpg

s-IMG_1251irs.jpg

s-IMG_1252irs.jpg

s-IMG_1253irs.jpg

s-IMG_1254irs.jpg

s-IMG_1255irs.jpg

s-IMG_1256irs.jpg

穏やかなひとときは続きます。



PageTop

葉桜のめぐみ 2

2020年5月28日(木) 《その2》

トランプとレディーは武庫川(むこがわ)の土手を...葉桜の木蔭づたいに歩いています。

s-IMG_5897xs.jpg

s-IMG_5899xs.jpg

支流が武庫川に合流するあたりに、風が涼しい木蔭がありました。
ここで水分補給をして、長めの休憩をしましょう。

s-IMG_5901xs.jpg

水を飲んだ直後の大型犬特有の口元をお楽しみください。ハハハ。

s-IMG_5905xs.jpg

s-IMG_5906xs.jpg

s-IMG_5907xs.jpg

『へへーー。』

s-IMG_5908xs.jpg

s-IMG_5910xs.jpg

s-IMG_5911xs.jpg

s-IMG_5912xs.jpg

s-IMG_5913xs.jpg

s-IMG_5916xs.jpg

s-IMG_5918xs.jpg

s-IMG_5920xs.jpg

トランプとレディーはさわやかな風が吹き抜ける木蔭でしばらくくつろぐつもりです。




PageTop

葉桜のめぐみ 1

2020年5月28日(木) 《その1》

トランプとレディーは武庫川(むこがわ)の土手の上で朝のウォーキングをしています。

s-IMG_5869xs.jpg

いつもより少し遅い時間に歩いているので、快晴の青空から照りつける太陽が牙をむきはじめました。

s-IMG_5870xs.jpg

しかし...川の両岸は有名な桜の名所。

s-IMG_5873xs.jpg

葉桜が提供してくれる木蔭づたいに進むと、快適です。

s-IMG_5875xs.jpg

s-IMG_5880xs.jpg

s-IMG_5883xs.jpg

トランプの眼を釘付けにするほどの広大な畑。

s-IMG_5885xs.jpg

s-IMG_5887xs.jpg

s-IMG_5888xs.jpg

s-IMG_5889xs.jpg

s-IMG_5890xs.jpg

s-IMG_5894xs.jpg

s-IMG_5895xs.jpg

s-IMG_5896xs.jpg

トランプとレディーは葉桜の木蔭に守られて、まだまだ歩きます。



PageTop

ゴリラもマスク 2

2020年5月25日(月) 《後篇》

ここは「大泉(おおいずみ)緑地」。
トランプは涼しい木蔭でくつろいでいます。

s-IMG_5838xs.jpg

そろそろウォーキングを再開しましょう。

s-IMG_5842xs.jpg

このゴリラさんはその時々に応じたコスプレをなさるのですが、今は「母の日」がテーマです。
こんな時期ですからマスクをつけて...

s-IMG_5845xs.jpg

s-IMG_5848xs.jpg

今朝はいつもより長い距離を歩きました。
ここでハァハァがおさまるまで休憩しましょう。

s-IMG_5851xs.jpg

s-IMG_5854xs.jpg

ゴロリと横になって...地面はどんな味がするのかな。

s-IMG_5857xs.jpg

s-IMG_5860xs.jpg

s-IMG_5861xs.jpg

トランプは今日もいっぱい歩きました。

s-IMG_5868xs.jpg



PageTop

ゴリラもマスク 1

2020年5月25日(月) 《前篇》

トランプは朝の運動に「大泉(おおいずみ)緑地」へやってきました。

s-IMG_5816xs.jpg

s-IMG_5822xs.jpg

トランプが足をとめて、草を食べています。

s-IMG_5826xs.jpg

s-IMG_5827xs.jpg

s-IMG_5830xs.jpg

s-IMG_5831xs.jpg

少し歩いて...ひと休み。

s-IMG_5833xs.jpg

s-IMG_5836xs.jpg

さらに歩いて...ここは風の通り道。涼しい風が吹いています。

s-IMG_5837xs.jpg

ゆっくり休憩しましょう。



PageTop

くも、くも、もく、もく。

2020年5月23日(土)

トランプとレディーは朝の運動にご近所を歩くことにしました。
まず、レディーが先にでかけます。

s-IMG_5801xs.jpg

青空はあくまで青く...それを背景に真っ白な雲が流れて...

s-IMG_5804xs.jpg

s-IMG_5805xs.jpg

続いて、トランプがご近所散策。

s-IMG_5806xs.jpg

s-IMG_5808xs.jpg

s-IMG_5810xs.jpg

s-IMG_5813xs.jpg

帰ってきました。トランプはさらに庭をひとまわりするつもりのようです。

s-IMG_5815xs.jpg

午後は窓を開けはなして、初夏のさわやかな風を楽しむことにしましょう。



PageTop

テラスでお茶を 3

2020年5月22日(金) 《後篇》

自宅に帰ってきました。
太陽もいい感じに陰っていますので、テラスにテーブルを出して...
コーヒーやお茶を入れて...おやつを楽しむことにしましょう。

今日のおやつは『諏訪園(すわえん)』の「生麩まんじゅう」と...
私たちがお気に入りの『味土里館(みどりかん)』のフランスパン風米粉パンです。

s-IMG_5756xs.jpg

トランプと...

s-IMG_5764xs.jpg

レディーにも少しだけおすそ分け。

s-IMG_5775xs.jpg

s-IMG_5776xs.jpg

s-IMG_5778xs.jpg

眼が真剣。

s-IMG_5780xs.jpg

s-IMG_5782xs.jpg

s-IMG_5784xs.jpg

s-IMG_5787xs.jpg

s-IMG_5788xs.jpg

まだ蚊には悩まされない時期。ゆっくりとお茶の時間を楽しめました。

s-IMG_5792xs.jpg

《蛇 足》

「弘誓」を「ぐぜい」と読む話の続きですが...
(「あー、しつこい!」と思った方、申し訳ありません。)

「弘」という漢字に「グ」という音読みなんて、見たことない。
といういうことで確認。

大修館の諸橋漢和(マイフェイバリット漢和辞典です。)にも「弘」の音読み「グ」は呉音として掲載されていました。
また、「弘」で始まる語で「グ」と読むものも見出し語に10個ほどあります。
いずれも仏教にまつわる言葉ですが。

s-IMG_5988xs.jpg

この写真だけは6月1日に撮影。テーブルの下ではレディーがスヤスヤ眠っています。



PageTop